ローズマリーについて

ローズマリーについて

今週も更新していきます。

都会の農園 池亀です。

先週はミントについて書かせて頂きましたが、今日のお題は同じくハーブでローズマリーについて書いていきます。

ローズマリーといえば、ハーブティーから始まりお肉や魚の臭み消し、ハンドクリーム等の香料にとミント同様幅広く使われています。

清涼感がありつつも優しさのある香りで、お料理やナイトアロマなど、ミントとはまた違った用途に適したハーブですが、こちらもご家庭で簡単に栽培できます。

ある程度は背も高くなるので、玄関先の常緑樹にもいいかもしれませんね。

 

ではローズマリーの蘊蓄、実践編参ります。

1育て方、増やし方

ローズマリーの育て方については特段のことはありません。

普通の植木よりちょっと丈夫かな?位の感覚で育てて頂ければOKです。

そして増やし方についてですが、ローズマリーはミントのように無節操に根を伸ばさないので、人の手で株を増やしてあげなければいけません。

上の写真のようにローズマリーの木の先端を15cm程切って下の葉を落とし表皮を軽く削ります。

※この時落とした葉ももったいないので取っておいてハーブソルト等に使いましょう。

これを1時間ほど水に漬けて水を吸わせてから土に挿せば完了です。

2週間~1ヶ月くらい様子を見て、新しい芽が出てくれば大丈夫。

新しい芽がまた育ってきたらまた先端を切って~~と繰り返していけばローズマリーの株はどんどん増やせます!

 

ちなみに・・・当都会の農園には幅3m↑高さ1m↑のローズマリーが植わってます。

皆様ぜひ見学の折には枝の3~5本ほどお持ち帰りになってください。

土ごと持って帰らなくてもOKなのでかさばりません!

 

 


「農育」という考え方
「都会の農園」では、野菜を育てることだけでなく、心が育つ農育の場を提供していきます。

農園長 井村 飛鳥 ごあいさつ