お野菜豆知識~冬至の南瓜~

皆さんこんにちは、都会の農園 池亀です。

今回は冬至に食べる南瓜についてです。

 

古くから「冬至にかぼちゃを食べると病気にならない」と言われています。

この風習は江戸時代からあって、当時は保存技術の問題もあり冬に食べられる野菜である南瓜は重宝されていました。

多くの野菜は新鮮な方が栄養価が高いものですが、南瓜は熟していた方が甘みが強くカロテンも豊富になることから冬のお野菜として相性が良かったんですね。

 

さて、冬至に自分で作った南瓜が食べたい!という方、今年の冬至は12月22日です。

これに合わせて南瓜を作る場合、植付は7月の下旬となります。

土づくりから準備等で時間がかかるものなので、南瓜を作る方はお早めに!

 

もちろん農園でも栽培できますので、ご興味がある方は是非ご入会についてお問い合わせください!


「農育」という考え方
「都会の農園」では、野菜を育てることだけでなく、心が育つ農育の場を提供していきます。

農園長 井村 飛鳥 ごあいさつ